冷えは足元からやってくる

こんにちは。足つぼ整体師WEBライターはるはるです。

12月、本格的な寒さを感じ、体が冷える、特に足の「冷え」「むくみ」が気になっている方。

うちに来るお客様にも、足が冷たい、むくんでいる方は非常に多いんです。

 

今回は、足の「冷え」「むくみ」対策についてご案内しますね。

なぜ、足が上半身より冷えるの?

 

1、心臓から一番遠い部分

心臓は、新しい栄養と酸素の入った血液を動脈を使って体中の細胞に送っています。そして、栄養をもらった細胞はいらなくなった老廃物を出します。その老廃物は静脈から尿汗便などとなって体の外に出します。

ただ、足は心臓から一番遠いので、この流れに時間がかかってしまいます。

2、重力の力

地球には、りんごが木から落ちるように重力が働いています。重力のせいで、どうしても老廃物が足にたまりやすくなってしまいます。

足にたまった老廃物を減らすには、ふくらはぎのポンプの力が必要です。

だけど、全く運動をしていない人、もともとポンプの作用が弱い人などは、老廃物を自力で上げることが弱いんです。

老廃物が貯まってしまいますよね。。。

筋肉量の少ない女性に「冷え」「むくみ」が多いのもこの理由からなんです。

3、老廃物が貯まった血管

この老廃物が貯まっている血管だと、心臓からの栄養の入った血液が足先にまで運ばれにくくなっています。

ごみが貯まっている水道管をイメージしてみましょう。その中をいくらきれいな水が流れていても、水道管周りの壁が汚れているとお水も汚れてそうですよね。

これは、体中の血管にも言えることなんです。そして、血のめぐりが大切な理由にもなります。

そして、足に老廃物が貯まると足の血流が悪くなり、十分な栄養が回らず、足の「冷え」「むくみ」の症状が出やすくなります。

また、足の「冷え」「むくみ」を放置していると、血流やリンパの流れが悪くなるので、いずれは、下半身だけじゃなく上半身まで血の巡りが悪くなる可能性もあります。

 

 

対策方法は?

 

・足元を冷やさないようにする(ソックス)

・足首をあっためる。(レッグウォーマー)

・老廃物をなくしていく。(足つぼ、マッサージなど)

・運動をする。

・ぬるめのお風呂(38~40度)に最低15分~20分はつかる または 足湯(約41~42度)

 

*時間のある時に、座りながらでも足首を回すとふくらはぎも動くので効果的ですよ。

 

おススメ

 

60年の靴下づくりの伝統から

「ふくらはぎ」と「つちふまず」の意識改革

たくさんのメディアが掲載しているこちらです。



様々な足の悩み、生活スタイルから選ぶことができる足もとサプリをぜひお試しください。

食べものに気をつけることも、もちろん大切ですが、足元からの健康も気にかけてみませんか?



The following two tabs change content below.
はるはる

はるはる

はじめまして はるはるです。子育てど真ん中のアラフォー、アムロ世代ママです。不妊治療で子宝を授かった経験と、親族の病気から、一念発起し整体師へ。 夏はテニス、冬はスノボーで気分転換、ミステリーとスピリチュアルが好きだけど、最近は子育てと仕事で時間に追われ、おまけの体調不良も重なり、時間の使い方を見つめ直したところご縁があったWebライター。 「笑う門には福来る」をモットーに笑顔の絶えないhappyな毎日を送るために日々歩んでいます。
はるはる

最新記事 by はるはる (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です