温活生活!腸内環境を整えておうちで免疫力をあげていこう!

 

こんにちは、WEBライターのかすみです。

今年は暖冬だという中、体調を壊す方も

多い時期となりました。 

 

この時期に流行するのが

ウイルス性の大腸炎(ノロウイルス)や

胃腸炎やインフルエンザなどですね。 

 

うがいや手洗いもとても予防になります。 

 

面倒でついつい忘れ気味ですが

意識して、アルコール消毒も効果的と
言われています。 

 

 

 

 

習慣化することが大事ですね。

 

我が家でも、これをしていたら
かなり感染が少なくなったことがあります。

予防の中に「免疫力を高めることが大事」 

 

免疫力が弱ると感染病にかかりやすいです。 

 

普段から、十分な睡眠とバランスのよい食事を 

意識することが免疫力を高めます。 

 

免疫力をアップする簡単な習慣化できる 

方法をご紹介したいと思います。 

 

①朝の白湯は内臓を温めるのに効果あり 

 

内臓を温めると血液やリンパの流れが促進されるので 

冷えやむくみを改善されて、老廃物が排出されるので 

肌荒れや自律神経を整えることになります。 

 

寝ているには水分が失われて血液がドロドロに 

なっている血液を流すことにもなります。 

 

免疫細胞の約70%は腸にあるので 

朝に白湯を飲むことで腸が動いて腸内環境が整う 

=免疫力あっぷになります。 

 

②朝の免疫力をあげる発酵食品を意識する

朝の食事は、やはり野菜たっぷりのお味噌汁が
おすすめです。 

 

食物繊維を摂取することで、発がんのリスクが下がると
言われています。 

 

私の両親がガンで若いうちに他界しているので
この辺りは、特に家族のためにも意識しています。 

 

 

手つくり味噌は意外に簡単に自宅でも
作ることができます。 

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

味噌作りセット(通常版)出来上り7kg用(樽なし) 国産原料使用
価格:3768円(税込、送料別) (2019/11/30時点)

 

 

健康の為に、今年から自分で作ってみるのも
楽しいし、添加物も入らないので安心して免疫力を
あげることができます。 

 

③とにかく、お腹を冷やさないこと

内臓機能が低下していると言うことは免疫力が低下
していることです。 

 

内臓を中心に「温活」を意識していきましょう。 

 

お腹(丹田)おへそから指4本分下にある部分 

 

肩甲骨上部の真ん中にある(風門)  

 

ウエストの括れた部分の背骨から指2本
外側にある(腎愈(じんゆ)を冷やさないです。 

 

あと意外に「首」は冷やさない事 

 

足首も実はとても冷えます。

 

ここを常に出していると内臓が冷えていきますので
寒くなる人はここも意識してくださいね。

④時間がある時には、肩甲骨回りをほぐす

デスクワークなどで常に同じ姿勢をしている
忙しく作業をしていると「呼吸」が浅くなります。

 

手が冷えたり呼吸が浅いのは交感神経が
優位になっている証拠です。 

 

少し、意識して呼吸をゆっくりしてみながら
肩甲骨を動かしてみたり、両手をあげてみたり
身体の力を抜いて肩の力を抜いたりして
みましょう。 

 

加湿器を使って乾燥をなくしたり
ガムなどをかんだりするも効果的です。

 

ガムをかむとセロトニンの分泌が活発になって
自律神経を整えてくれます。

生活の中で少しだけでも意識することで
習慣化することで、かんたんに免疫力をあげることが
できるんです。 

 

ぜひ、意識してみてくださいね。

 

The following two tabs change content below.
かすみ

かすみ

家族は、社会人になった娘とうさぎのミミさん9歳と カニンヘンダックス3歳になるビビアンの4人家族です 趣味は、韓国ドラマと自然とお花が大好きなので よくお花の写真を投稿したり、野菜作りも大好きです 味噌作りは、もう15年以上になります。 夢は、温泉付きの畑のある平屋のお家を作り 将来は好きな時に好きなことが出来る ノマドワーク ものつくりをしながら暮らすのが夢です どうぞよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です