インステートのプラクティショナーになって成功を加速させよう

 

 

ニューロ言語プログラミングの基本テクニックに

インステートというものがあります。

姿勢、感情、五感の状態など自分自身の状態のことを

「ステートstate」と言います。そして、特定のステートに

意識的に作り上げることをインステートと呼びます。

ステートに入る、という意味でインステートです。

プラクティショナーとは、実践している人、実践者、実行者

練習生、専門家というイメージです。

インステートに関するワークや練習を重ねて、それを実践

するプラクティショナーになることができます。

ステートは考え方や思考に影響を与え、考えや思考は

ビリーフの形成に関与しています。そして、ビリーフは

思考と行動に影響します

成功というのは、思考と行動が結びついてもたらされた

結果です。

あなたが成功するか否かは、正しいビリーフを持っているか

にかかってきます。ビリーフが成功に役立つリソースになって

いるのか、逆に成功を阻む障害になっているかで、あなたの

成功する確率は変わってきます。

つまり、どのような思考にインステートするかが重要だと

いうことですね。成功に役立つビリーフを作る思考にインス

テートする時間を多く持つことが大切です。

 

ニューロ言語プログラミングで感情とステート、そして自分

の思考をコントロールできるようになりましょう。

ニューロ言語プログラミングの様々な学習とワークは成功者

となるためにとても役に立つことばかりです。

自分のVAK(視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚の五感のこと)の

サブモダリティーなどをコントロールして、特定のステート

を意識的に作り上げる体験もできます。

ここで、サブモダリティーの説明もしておきますと、人は

外界を五感を通じて認識する際、視覚、聴覚、体感覚などで

感じた様々な構成要素を組み合わせて記憶しています。

これらの構成要素のことをサブモダリティー(従属要素)と

いいます。

視覚のサブモダリティーは、色、形、明るさ、彩度、動き、

距離、位置。

聴覚のサブモダリティーは、音の大きさ、音程、音のスピ

ード、リズム、音の聞こえる位置。

感覚のサブモダリティーは、温度、湿度、感触、重さ、圧力。

これらは記憶と結びつき、思い出とセットになって記憶さ

れるものです。例えば、楽しかった記憶を思い出してみて

ください。すると、映像や音、温かさや明るさなどのサブ

モダリティーが浮かんできませんか?

このサブモダリティーを変化させて過去の体験の印象も

変化させることができるのです。良いステートに入り込み

そこから発生する思考に触れる時間を増やしていけば、

成功者になれる思考を育てることになります。

自分は成功者になって当然だという思考が普通にできる

ようになることを意識しましょう。「私は成功する!絶対に

お金持ちになる!」と確信したければ、自分に自信を持てる

良い経験をたくさんすれば、どんどんその確信は強固なもの

になっていきます。

自己肯定感、自己の一貫性、セルフイメージなどは、過去の

成功体験に多大な影響を受けていると考えられます。

成功体験が多い人の方が、成功に対してポジティブで自信が

持てます。また、人の優れた能力の一つとして、イメージ力

があります。しかも、何度でも意図的に何かをイメージして

その度にイメージの中に入り込むことができます。

ですから、成功体験を何度も何度もイメージできてしまう

のです。この能力を使わないのはもったいないですよね。

大きな成功じゃなくても良いのです。どんな小さな成功

体験であっても、中くらいであっても、もちろん大きな

成功体験であっても、イメージする回数を増やせば良い

のです。同時に、先ほど述べたサブモダリティーを付け

加えて質を良くしたりすれば、成功体験のインステートに

なって、成功を加速させることに大きく役立ちます。

 

また、アンカリングを利用することも成功者が良く

行っています。イチロ―選手をはじめ、成功したスポーツ

選手などもジンクスやルーティーンを行いますが、これは

リソースアンカーと言うことができます。最高のパフォー

マンスを引き出すためのアンカリングです。

私たちも、インステートのワークをしてリソースフルな

状態になったら、その状態のピーク前にアンカリングして

ビジネスなどで必要な場面で引き出してみましょう。

インステートはニューロ言語プログラミングではとても

重要でパワフルなテクニックの一つです。ほかにも様々な

ワークやテクニックがありますが、インステートができる

ことが前提になるものが多くあります。例えば、モデリング

はモデルになる人をイメージして、その状態にインステート

しますし、ポジションチェンジも他人の立場にインステート

します。

また、人は常に考えている動物なので、その思考を常に

成功に役立つ内容にしましょう。考える内容や状態を、

成功の方向に向けていきましょう。成功の方向に傾くほど

あなたは成功しやすくなります。否定的で消極的なステート

に入ってしまったら、それを切り替えるスキルを持って成功

にリンクしたステートに入れるような訓練をすると良いですね。

日々の思考はビリーフの形成に強く影響し、ビリーフは現実に

結びついているという特徴があります。これは自動成功

呼ばれ、成功に役立つビリーフが多くて強いほど、成功は

加速化されます。

まとめると、

●良いステートは良い思考を生み

●良い思考は良いビリーフとなりやすく

●良いビリーフは良い思考と行動を生みやすい

そして良い行動は良い結果を引き寄せる。

ということです。

 

誰もが簡単に成功者になれるプログラムやワークが

もりだくさんで、ステップバイステップで学べる

ニューロ言語プログラミングで成功のノウハウを習得

しませんか?

 

 

 

The following two tabs change content below.
せこぴん

せこぴん

こんにちは!せこぴんです。これから第二の人生、どこにいても楽しく人生を満喫したい!わくわくしながら自分を成長させていきたいです。
せこぴん

最新記事 by せこぴん (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です