「ピザ”って10回言って」から学べることもある

ピザ

突然ですが小学生のころ、友人の間で、

「”ピザ”って10回言って」という遊び、

流行りませんでしたか?

 

それで、10回言ったあとに、

「じゃ、ここは?」と、肘を指さして、

 

純真無垢な友人に「ひざ」と言わせる

あの邪悪な遊びです(笑)。

 

あと、「みりん」バージョンとかもありましたね。

「鼻が長いのは?」っていうあれです。

 

まぁ、こんな話はどうでも良いんですけど、

 

(なんなら今BBCで、北朝鮮のミサイルのことが、

トップニュースになって、めっちゃ映像も流れてるんですけど、

 

私の国は大丈夫なのか、心配なんですけど、

 

トランプさんが安倍さんの横で、

俺様がが守る的なこと言ってくれてるんですけど、

 

心の声を書いてしまった……)

 

「イエスセット」という言葉はご存知でしょうか?

 

たとえば、

「今日は寒いですねー」

「はい」

 

「身体のあったまるものが食べたいですねー」

「はい」

 

「お家で鍋とか良いですよねー」

「はい」

 

「お鍋にぴったりな野菜といえば白菜ですよねー」

「はい」

 

「新鮮な白菜があったら、ほしいですよねー?」

「はい」

 

てな感じで、「イエス」の後にくる質問には、

思わず「イエス」と答えてしまいがちです。

 

では逆にいきなり、

「○○産の新鮮な、

寒い日の鍋にぴったりな白菜があるんですけど、

買ってくれませんか?」

と聞かれたらどうでしょう。

 

たまたま白菜が欲かった人以外は、

「今日は結構です」と、なりそうですよね。

 

まぁ、白菜くらいなら、

買ったらそのうち使うと思うので、

なんとなく買ってくれる人もいると思いますが…。

 

(もう少し良い例を考えれば良かった)

 

あなたが白菜を売りたい場合、

最後に購入してもらうことを想定して、

それにつながるような、

「イエス」と答えざるを得ない質問を考えます。

 

これを「イエスセット」と呼びます。

 

そうすれば、

「ピザ」の後に思わず「ひざ」と言ってしまうように、

「みりん」の後に思わず「キリン」と言ってしまうように、

 

思わず「はい」と言わせることが、

出来るかもしれません。

 

こういった流れを意識して、

文章を書いてみたら、成約につながりやすくなりそうですよね。

「はい」

 

こういった感じの心理学は、他にもいろいろあるのですが、

知りたくありませんか?

「はい」

 

実は無料で学べるんですが、お得だと思いませんか?

 

「はい」

 

なんてね(´・ω・`)♪

The following two tabs change content below.
ちしゃねこ

ちしゃねこ

ロンドンに住んでいます。 どこにいても、働ける方法を考え抜いた結果、 インターネットビジネスにたどりつきました。 世界中を旅するノマドワーカーを目指して、修行中です。

「ピザ”って10回言って」から学べることもある」への2件のフィードバック

  1. どうもこんにちは
    ヨハネス@元警備員です。

    そういえば小学生の頃に
    そんな遊びをやったことありますね。

    そんな感じではいと言わせて
    購入までつなげることができるような
    文章を構築しないとですね

    応援しております

  2. ちしゃねこさん。こんばんは。
    ブログの訪問とコメントありがとうございます。
    「ピザ」って10回言う遊びはよくやってたな(笑)
    いろいろなバージョンもあって
    キャッキャ言って遊んだ記憶があります★
    「イエスセット」って言葉初めて聞きました。
    「はい」と答えてしまう心理、勉強になります★
    応援して帰りますね♪

ヨハネス@元警備員 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です