「うつ」って何?誰でもかかる可能性がある?治せるの?

☆はっち☆ です(^^)/

今回は私のガチガチな体験談をお伝えしようと思います。

 

今から遡ること14年前の2004年。

私は高速道路で大きな事故に遭った。

事故当初は、全身打撲と全身むちうち。

だが、少しして

低脊髄圧症候群(脳脊髄液減少症)と判明。

全身が痛くてピクリとも動かせない、

労災やら自賠責保険(車の強制保険)やらの

手続きを全て自分でやらなければならなかった背景から

肉体的にも精神的に追い詰められていく。

この時に「うつ」が発病

まあ、それはのちに分かったことだけれど。。。
 

まず、「うつ」ってどんな人がなるのか?

一般的には、責任感が強い人とか、負けず嫌いな人とか言う方もいますが

実はそれだけではないのです!

どんな人が「うつ」に?

 

ここからは私の実体験のお話。

「うつ」を発症した実話です。

 

うつ病を発症したのは2008年2月。

朝7時~夜9時までの勤務。

夜11時~深夜3時まで持ち帰った仕事をやり、

睡眠時間は3時間。

この生活が4ヶ月続いたとき、

ふとしたことに気づく。

目が、瞼が、半分しか開かない。

顔つきがまるで別人のよう。

それから急降下が始まる。

昨日までできていた作業にものすごく時間がかかる。

指示の意味がわからない。

当番を忘れる。

頭痛と吐き気で仕事ができない。

メモを書いても内容が思い出せない。

事務所の中にいる人たち全員に、

仕事ができない人間だと思われている、という恐怖。

このままの状態では1日48時間あったとしても、

私には足りない。

 

いま、当時を思い出せるのはこれだけ。

これ以上に当時はいろんなことを感じ、考えたと思う。

 

微熱?身体がだるい? 風邪だと思い、内科へ行ったところ、

「あなたはここへ来ても治らないよ。

紹介してあげるから、そこへ行ってごらん」

いつもぶっきらぼうな医師が優しく言うもんだから、

「へ?」となり、

言われるまま、紹介先へ。

着いたのは『心療内科』。

ついた病名は「うつ病」。

信じられない!

私のどこが鬱?

身体は動くし、

気持ちが落ち込んでるわけじゃない!

私が鬱なんて、あり得ない!

受け入れられなかった。まさか自分が?と。

ところが症状が重くなり、

とうとう出勤すらできなくなった。

上司に相談して1週間の休みをもらった。

でもMAXに悪い状態だったため、

1週間では何も回復せず。

派遣社員として勤務していたため、

派遣会社の営業から喫茶店に呼び出された。

私が相談した上司も同席していた。

1週間の様子を聞かれ、変わらないと話すと、

「もう無理しなくていいよ」と、事実上の解雇。

泣き崩れた。

 

私がなりたくてこんな状態になったわけじゃない。

自分自身を責めて責めて責めまくり、

帰ってからも呆然としていた。

 

派遣社員で休職ができなかった私は

仕事ができなくなったところでお払い箱。

これからの生活はどうする?

そればかりが頭を占領して、

自身を休ませて回復させるという発想はなかった。

 

仕事はおろか、家事もできなくなり、

食欲もなく、どんどん痩せていく。

通院を続けていたある日、自力で立てなくなり、

急遽両親に連れてってもらったのだが、

一人で歩けない。

身体に力が入らなくなった。

両肩を担がれ引きずるように連れ出してもらった。

院内で座って待つことが困難で、

椅子に引っくり返るように身体をあずけ、

ようやく診察室へ。

 

開口一番、

「ここじゃもう診れないから

入院できるところに転院して」と。

ここまでの症状になると入院なのかぁ。。。

ぼんやり思いながら、

自宅近くの病院を紹介してもらい転院。

 

あとから聞いた話によると、

私が最初通っていたクリニックの評判が悪すぎて

問題になっていたのだとか。

重症のおかげで転院でき、

転院先で出会った医師がとても親切な診察をしてくれた。

いい転機だったと思う

 

ただ、認知療法に関しては実施していない。

信用できない自分がいるから。

だけど、回復を早めるには

認知療法をやった方がいいという医師もいて、

迷っているときに、この教材に出会った。
『プチ』とついているところからも察することができるが

簡単な認知療法の教材。

半信半疑で、でも、効果がなかったら

返金してくれるということで 購入を決めた

 

DVD2枚と補助冊子。

観てみると、

なるほどなぁ!

そうかぁ!

そういうことだったのかぁ!

 

9年かかってたどり着いた、

ようやく納得できた。

医師の言ってることとは違う観点から、

うつ病について解説してくれてる。

なんて素晴らしいことなんだ!と感動。

 

直接カウンセリングを受けているような感覚!

「うつ」に対する常識が変わる!

 

簡単にできる認知療法も、すごい! 本当に簡単!

 

だけど、効果がなかったらお金の無駄じゃない?(。´・ω・)?

私もそう思いました。

それは私も気になっていましたが、

365日間の全額返金保証!

これで安心して、また、自分のペースで取り組めます。

 

私は自分のペースでやっていますよ(*^▽^*)

 

→ → → 一度覗いてみて下さい ← ← ←

それだけでも、きっと何か変わるはず。

 

「うつ」のあなたも、ご家族も、ご友人も、一緒にご覧になることをおススメしますよ♪

まるで直接カウンセリングを受けているみたい!

The following two tabs change content below.
☆はっち☆

☆はっち☆

はじめまして、☆はっち☆です(^^)/  気がつけば40代。。。 私は「線維筋痛症」「筋痛性脳脊髄炎」「反復性うつ病」と付き合いながら 仕事や家事に頑張っています! 体の性質を変えることで、症状が軽くなってきました!!! 体調が悪くて何もできなくなることがあるけれど、 それも私の一部、と捉えて前向きに生きるようにしています(^^♪ 特技は「医療事務」の資格取得に向けて勉強を教えることです。 国家試験並みに難しくて合格率が30%程度なんですよ! でも大丈夫です☆ ご興味のある方はご連絡ください(#^.^#) 最近の趣味は「日帰り温泉」で、近くの温泉を調べて出没してます 5月から「イカ釣り」に出かけてます♪ 船で5時間揺られながら、竿先に集中してると全てを忘れられるんです(^◇^) そしてそして、絶対はずせないのが「AAA」Σ(゚∀゚ノ)ノキャー 何が好きって、全部好き! ライブに帯同するのが夢です( ゚∀゚)アハハ 何かご興味ありましたら 仲良くして下さいね!(^^)!
☆はっち☆

最新記事 by ☆はっち☆ (全て見る)

「うつ」って何?誰でもかかる可能性がある?治せるの?」への2件のフィードバック

  1. sky high より:

    辛い経験でしたね(´;ω;`)ウッ…
    一つしかない体です。これからも無理をしないよう十分気を付けてください。なんでも「過ぎ」は良くありませんから(*^-^*)

    1. ☆はっち☆ ☆はっち☆ より:

      ご訪問、ありがとうございます。そうですね。確かに、辛いです。その中で辛いで終わらせず、何かを見出したいと発信することにしました。「過ぎ」ないように気をつけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です