お子さんの高校受験を合格に導くために、親として知っておくべきこと、ご存知ですか?

ほかほか…つやつや…あったか…ほっこり…ごはん大好きWEBライター@ごんたママです。

1月中旬、いよいよ本格的な受験シーズン突入ですね。

大学入試センターのセンター試験も始まりました。

受験生の皆さん、今までのご自身の努力を信じて合格に向けて頑張ってください!

大学入試の前の、高校入試。

多くの子供たちが、義務教育を終えて次に進むために挑む最初の試験です。

親も初めてのサポートで緊張します。

ご自身のことを振り返ってみて、いかがですか?

しっかり記憶にありますか?

私は、中学3年の2学期に成績が下がって焦ったので、よく覚えてます。

あなたは、ご自分のお子さんに何をしてあげてますか?

合格しなさいよ!

頑張りなさいよ!

といった、言葉かけをされてますか?

何も言わずに、一人で不安と戦ってますか?

 

そんな保護者の方にぜひ参考にしていただきたいのが「子供を志望校に合格させた親の習慣」という教材です。

これは、実際に金沢で進学塾を経営している方が、20年の指導実績をもとに作られたものです。

志望校に合格していく子供たちを見ていて、その親に共通のことがあるのを見つけ出されました。

もちろん、実際に勉強するのは子供ですが、子供だけの努力ではうまく行かないこともあるのです。

高校受験するのは、まだ15歳の子供です。

親のサポートはとても大きいのです。

この教材で「親の習慣」を身につけて、お子さんを志望校へ合格させてあげましょう。

この教材は、ダウンロード版と印刷配送版の2種類から選べます。

あなたの都合の良い方を選べばよいですね。

中身をお話ししますね。

第1章:受験生の親がしてはいけない3つのこと

第2章:学習面のサポート

第3章:精神面のサポート

の3章の構成で、全50ページのフルカラーです。

これを読むと

●親がしてはいけないこと

●必要な問題集の与え方

●効率の良い学習計画

●子供にとってベストな塾

●やる気を出させる方法

●反抗期の対応法

●自分が不安なときの解消法

といったことがわかるようになります。

また、購入から1年間、おひとり様1回のメール相談ができます。

プロのアドバイスが受けれるということです。

価格も非常に良心的なものです。

これを使って、ぜひ、お子さんの志望校への合格を実現させて、親子で喜びを分かち合いませんか?

きっと一生の思い出となるはずです。

The following two tabs change content below.
ごんたママ

ごんたママ

1963年10月26日広島市で生まれる。 生まれつきの内斜視&弱視のため、幼稚園入園前より眼科通いする。 当時内斜視は手術で治るとされるも、「見かけより実質重視」という父の考えで手術せず。 しかし、そのことが幼稚園から学齢期、容姿のいじめの原因となりトラウマとなる。 「一芸に秀でれば嫁のもらい手くらいある」が父の口癖であったため、幼少期から大好きなピアノの練習に打ち込む生活をする。 また、父方の祖父母と同居していたため、祖父母の影響も大きく受ける。特に祖母から「これからの時代は女性でも自立しなきゃね!」と、私の音楽と勉強の後押しをしてくれる。 高校生の時、整形外科医の叔父の話に感動して医療の道を志す。大学では歯学を勉強し歯科医師となり「障害者歯科」を専攻し大学病院勤務の後結婚。一人息子に発達障害(自閉症)があるも、大学病院時代の経験を活かし育児に専念し現在に至る。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です