夫婦間でこそラポールは何より大事!

Webライターのマダム・ヒーヅルことひーちゃんです。

昨年暮れは、断捨離に仕事にお正月の接待にがんばりました!

でも、そのおかげでと言っては何ですが、
今年に入って反動があり、風邪を引いたのも手伝い、
寝込んでしまいました。

新しい年になって、さあ、がんばるぞー!
と思った矢先です。

出鼻をくじかれたそんな感じです。

私の嫁ぎ先は安土桃山時代から500年続く旧家です。

姑は今は介護2の今年90歳になるおばあさんですが、
元気だった頃は、
何でもバリバリ!
お醤油作り、お味噌作り、漬物作り、赤飯を熟むすのも上手!
畑のお野菜を作るのも、
それはそれは上手に作りました。

着物を仕立てるお仕事をしていましたが、
それも本当に上手に縫いました。

とにかく何でも出来るスーパーウーマンでした。

その姑も、今や介護2のほとんど寝たきりのおばあさんです。

その後を継いで、
私が家のことを切り盛りするようになりましたが、
まだまだ姑の足元にも及びません。

人生の良い先輩、女性の鑑のような姑を
目の当たりにしてきたというのに、
何もできないのが不甲斐ない。

ですから、
主人の嫁意識よりも、
家に嫁いだ意識の方が強かった。

しかし、主人ももう年金をもらう歳。
私も、もうすぐアラカンという年齢。

やっとで、
主人の有難さがわかるようになってきました。

これまでには随分時間がかかりました。

主人は、
私が姑の後を継いで、一生懸命家に尽くすのが当たり前の意識でした。

当たり前と思われるほど、
嫁として苦労している者としては、悲しいことはありません。

今までは、
私もそうするのが当たり前と、
自分の中でも思っている節がありましたが、

今年は我慢するのを辞めました。

どんなに嫁は大変で、
それをするのに、どれだけの気回しをするのか、
こんこんと言うようにしたのです。

すると、
主人はいろいろと気を遣うようになったのです。

これは、私もこうこうこういう理由で、
私は大変なんだ!

と説明することで、
主人は私のことを理解するようになったのでしょう。

嫁して約30年にしてやっとですよ。

最近は、自分の中でも嬉しい変化がありました。

自然と、主人に、

「優しい旦那さんで良かった!」と、
普通に言えたのです。

世の奥様方、
いやなものはいや!
こういう理由で嫌なんだ!
と、我慢しないで言うことです。

夫婦の間でもというより、
夫婦の間は特に!ラポール大事です!

お嫁さんたち、我慢しないで
大いに主張してくださいね!

The following two tabs change content below.
マダムヒーヅル

マダムヒーヅル

愛と光と癒やしの音楽家、 チャネラーとして延べ500人のお悩み解決、 スピリチュアルコーチ歴3年 医療事務経験、障がい児施設での保育士経験と 様々な経歴を持ち、 実生活では、500年続く旧家の嫁、 今では姑の介護歴5年 心音(こと)ミュージックサロン主催の マダムヒーヅルです。 宜しくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です