成功イメージは五感を使って

Webライターのちゃい夢です。

前回、成功すると決めたら、
「前向きな言葉で宣言しましょう」という記事を
アップしました。

今回は、成功するには、イメージすることが
大事というお話です。

フィギュアスケートの羽生選手は、
ソチオリンピックで日本からソチに向かう機上で、
4回転ジャンプのイメージトレーニングを
繰り返したと言います。
そして4回転ジャンプを決め、金メダルをとりました。

また、あのイチローはあるこどもの大会で、
「自分ができると思ったことが必ずできるとは限らない。
ただ、できないと思ったことは絶対にできない。」
とスピーチしたそうです。
自分の可能性を信じ、できる自分をイメージし
毎試合臨んでいたのでしょう。

この実績のある2人の話から
成功するイメージを描くことの重要さがわかりますね。
できないと思ったら、できない思考が
成功への道を遠ざけてしまいます。

成功したイメージを頭に描くだけではなく、
五感(視覚・聴覚・触覚・味覚・嗅覚)
使うことにより、さらに効果が期待できます。

例えば
成功してハワイに行きたいと思ったなら、
空港で旅立つ前のワクワク感や
ハワイの太陽、青い海、波の音・・・

お金持ちになりたいのなら、
ATMで通帳に記帳している音や
窓口で目の前におろしたばかりの札束を
持った重さなどをイメージするのもありです。

イチロー選手は、ヒットを打った時のボールの音、
歓声、グラウンドを走っているときの風などを
イメージしていたのかもしれませんね。

ニューロ言語プログラミングでは
姿勢、感情、五感の状態などを含む、
人の状態について、 ステートと言います。

ステートは、考えや思考に影響を与えます。
良いステートに入り込み(インステート)、
そこから発生する思考に触れる回数、
時間を増やすことは、
成功者になれる思考を育むことになります。
成功体験をイメージすることは何度でもできます。
過去の成功体験がある人は
そのとき感じた、達成感、状況などを
思い起こしてイメージしましょう。

過去の良い記憶は
感情をコントロールする脳の機能が
うまく働くようになり、
ストレス軽減にも効果があるそうです。

考えや思考は、ビリーフの形成に関与しています。
ビリーフは、思考と行動に影響があります。
成功するイメージの回数を増やすことで、
ビリーフの量を増やすことができます。

ニューロ言語プログラミングは
感情とステートや自分の思考を
セルフコントロールできるようになります。

成功のリソースとなるステートに入ることは、
成功を加速させるコツの1つです。

インステートは、
ニューロ言語プログラミングでは
特に重要なテクニックの一つです。

良いステートに入り込み、
そこから発生する思考に触れる回数、
時間を増やすことは、
成功者になれる思考を育むことになります。

成功者になって当然の状態、
思考の質と量を多くすることを意識してください。

インステートをたくさん経験し、
スピード成功を目指しましょう!

The following two tabs change content below.
ちゃい夢

ちゃい夢

はじめまして、ちゃい夢です。 千葉県船橋市在住 2.12生まれ水瓶座/一白水星 趣味は歩くこと、映画鑑賞(寅さん大好き!) 神宮で東京音頭を踊ること 事務の仕事をしています。 自分の力で稼ぐようになれるようにいろいろ模索中。 せどり・物販そしてWebライター修業中。 将来は富士山が毎日見えるところ のんびり暮らしたいなぁなんて思っています。
ちゃい夢

最新記事 by ちゃい夢 (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です