成功の反対は失敗?ニューロ言語プログラミングによる答えは

あなたは、成功の反対はなんだと思いますか?
以前の私だったら、「失敗」と答えています。
今はニューロ言語プログラミングを学んでいるから
「何もしないこと」とわかりました。

その当時は、キッチリ計画を立て、準備を整えてから
行動をするパターンが多かったです。
完璧を求める結果、行動が遅くなり、途中で諦めてしまう
自然消滅みたいな感じになっていました。

 

今はニューロ言語プログラミングを学んでいますので
即行動するようになっています。結果はついてきます。
うまくいかないときは、そこで見直しをすることにします。

 

目標も大目標・中目標・小目標にわけて、いつも小目標の
見直しをするようにします。

そこで、PDCAサイクルを教えてもらいました。
P-Plan(計画) D-Do(実行)C-Check (評価)
A-act (改善)このサイクルを見直すようにすることで、
成功に近づきます。

 

トーマス・エジソンも言っています。
「失敗したわけではない。それを誤りだと言っては
いけない。勉強したのだと言いたまえ」

ほんとその通りです。
失敗は成功するための一つの過程です。
人は行動・体験・経験の中から多くを学ぶことも
わかりました。

 

行動をして、いつも「快」の気持ちでやることで
さらに、大きな結果になります。成功に繋がります。
それを「痛み」に感じると、継続できなくなり
最後にはやめてしまう結果になります。

 

今はオーディオコンテンツを聞き流しています。
しっかり聞かないとと思っていたのですが、そうではなく
何かをしながらの聞き流しがいいと言われました。

不思議なことに何度も聞き流していますと、
同じ単語が頭に入ってきます。
頭に入ると、さらにアウトプットをすることで
さらによく理解できます。

ニューロ言語プログラミングの考え方のひとつです。
インプットをして、アウトプットをすることの
大切さを痛感し、今楽しく学んでいます。

こんな環境で学べることに感謝です。
仲間と助け合って、ワクワクしています。
それがBMTSのプログラムです。

 

もう一度言います。
成功の反対は失敗ではありません。
何もしないことです。

一度確認されませんか?
きっとあなたの人生、変わりますよ。

 

 

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
やすらぎ

やすらぎ

家に居ながら 何かをしたい このまま終わりたくない いつも考えていました。ご縁があって出会えた時は これしかない これに賭けよう と思い 即行動。 年齢は関係なし やる気だけで十分。 人生一度 後悔しないように やるだけです。 信じるな 疑うな 確認せよ そう 確認です。 行動しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です