壁をぶちこわせ!

こんにちわ。 運動大好き いちユキです。

やろうと思ったこと、出来ています??
「むりー」「できなーい」

言ってませんか???

 

誰にでも、出来ないって思ったことをやり遂げられるチカラ持ってます。
しかし、弱気な発言とかネガティブな発言が、
あなたを弱い状態にしているのではないでしょうか。

やってもいないのに、見ただけで
うわっ難しそう、無理!
って言ってること
よくありますよね。

やってみれば、実はできたことであっても、
弱い状態で望めば、達成できないようになってしまうんです。

たとえば・・・・
スポーツの試合
相手が強いチームだとします。
やってもいないのに
「あのチーム強いから勝てないよ」
「負け確定だわ」
って思っていたら
もう負けなんです。勝てないです。
試合したらもしかしたら勝てるかもしれない
結果は終わってみなきゃわからないですよね。

そ こ で
ニューロ言語プログラミングを使えば、こういった状態を回避することができます。

言葉のチカラを使うのもニューロ言語プログラミングの特徴のひとつです。

リフレーミングもそうですね。
言い換えです。
・小心者→慎重
・落ち着きがない→いろんなことに興味がある
・優柔不断→よく考える
・うるさい→明るく元気 etc.

やれば成功することで、難しい課題が見えたとき
「無理かも・・・からの・・・やってみる!」
ユーモアを交えた言い方をしてみるなどですね。

物事を達成するのに最高の状態で、能力を発揮するイメージです。

成功に向かって進む過程で現れる壁に対応しましょう。

もちろん、壁を感じる前から準備していけば、
スムーズに壁を越えるチャレンジに入れます。

ニューロ言語プログラミングのテクニック、
そして、脳内リハーサルでイメージしておくことで可能ですよ。

まずは、自分の良いステートを呼び覚ます言葉を考えて、
たくさんたくさんストックしましょう。

「できないと思ったら、やってみよう!できる!できる!」

「困難に感じたからそこ、やってやろう!燃えるぜぇ」

「これは強敵だ!オラ、ワクワクすっぞ!やってやる!!」←(悟空)

ユーモアを混ぜると効果的じゃないですかー。

習得=強度×回数 と考えると、
習得するまで回数を重ねることですね!
量ですよ。 量×量×量

スポーツ選手は試合に出る前、練習を繰り返し、納得いくまでやり
試合に備え、挑みます。
あなたも成功という頂を目指して、準備を始めましょう!

途中に壁があるかもしれませんが
乗り越えるイメージしておいてくださいね。
それを成し遂げたとき、自信になりますし
成功をつかむことが出来るはずです。

高いハードルを見た時に、
自動的にワクワクするステートになるように
ステート・マネジメントしておきましょう。

マンガのキャラクターをモデリングしたり、イメージしたり、
メタファーとして活用するのもいいのでは。

圧倒的に強い敵を目の前に、逆にワクワクするキャラクターのイメージなど、
リソースとして活用できそうですよね。

自分をマネジメントしておこう!!

↑ニューロ言語プログラミングを学ぶことで可能です。

一緒に、ニューロ言語プログラミングを勉強してみませんか?

The following two tabs change content below.
いちユキ

いちユキ

仕事は講師でネットビジネスで兼業しています。 子どもが4人いて毎日忙しいですが、楽しく過ごしています。 趣味は運動、カラオケ、音楽を聴く、ピアノ、映画です。 ネット機械すごく苦手ですがサポ-トしていただきながらやっています。 よろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です