「ビジネスで成果を上げるためのコミュニケーション能力」を高めるために学ぶべきものとは?

こんばんは。ちびっ子3人を育てながら美容師をしているwebライターのミニーです。

インターネットビジネスを学ぶようになって1年半が過ぎました。インターネットビジネスををする条件として、パソコンやスマホなどインターネットにつながる環境が最低限そろっていても、成果を上げられる人と上げられない人がいるんだということがようやくわかってきました。もちろん、作業のための時間やパソコン、スマホ操作のスキルの違いはある程度あることでしょう。

しかし、大きな成果を上げられている人と、今の自分との違いを見比べると、コミュニケーション能力の違いが大きな差を生んでいるのだと思います。

なぜなら、良い提案内容や商品、素晴らしいサービスであったとしても、相手に提案や説明を聞いてもらう姿勢になってもらわないと、成果にはつながらないのです。提案や説明を聞いてもらう姿勢になってもらうために、コミュニケーション能力が欠かせないからです。

ということは、コミュニケーション能力を高めることができれば、インターネットビジネスだけでなくリアルなビジネス全般で、ビジネスで望む成果を出すことができるのです。

今回は「ビジネスで成果を上げるためのコミュニケーション能力」を高めるために学ぶべきものについて、お伝えします。

ビジネスで成果を上げるためのコミュニケーションとは?

ビジネス成果を上げるためのコミュニケーションとは、単にコミュニケーションをとるというだけではなく、「成果を上げる」=何かを相手にしてもらう、というゴール(目標)が定まっているコミュニケーションです。相手に何かをしてもらう、というのは相手をリード(導く)することです。相手をリードするには、相手とのラポール(信頼関係)が欠かせません。

もし、相手が初対面の人で、まだあなたとのラポールがまだ築けていない場合、ラポールの状態は、ペーシングにより作りだすことができます。
ペーシングとは、相手とペースを合わせることです。

話をする速度、呼吸や声のトーンを合わせたり、同じ言葉を復唱したり(=バックトラッキング)、体の動作や姿勢をあわせたり(=ミラーリング)といった技を使いながら、相手の言葉に耳を傾けます。

そして、あなたとその相手の共通部分について触れ(=マッチング)、褒めます。あなたと相手に共通点があるということは、相手の方はあなたを心の中で「近い」と感じることができ、心を開きやすくなる大きなポイントなのです。特に「成果を上げる」というゴールが決まっているときは、「ある状況についての熱意の持ち方」「物事の考え方」「コミュニケーションの取り方」について、共通点を見つけると、この後相手をリーディングしやすくなりますよ。

相手とペーシングし、ラポールを築き、リーディングするスキルを高めるためには、ニューロ言語プログラムを学ぶことです。
会話

ニューロ言語プログラミングとは

ニューロ言語プログラミングを学ぶと、卓越したパフォーマンスの「違いを生む違い」をモデリング(真似)し、最少の手順でも卓越した結果を生むための技を学ぶことができます
ペーシング、ミラーリング、バックトラッキング、キャリブレーションなど、相手とラポールを築くためのテクニックを学ぶことができます。

インターネット収入系の反応をとる記事のためにwebライティングをする時も、読み手を想定し、その読み手が目の前にいることを想像し、相手とラポールを取りながら、脳内で会話してみます。
読み手になりきって、できた文章を読み、文章を読んだ後、どんな感情になり、どんな行動を取りたくなったか感じてみます。

その読んだ後の読み手の感情、行動が、あなたの狙いや収入につながるものであればOK。

 

読み手を想定して、その人とラポールを取り、脳内で会話をしながら記事を書けば、インターネットを通して離れた相手ともラポールを築くことができ、相手をリーディングすることができるようになります。

 

 

まとめ

今回は、インターネット収入のために、ニューロ言語プログラムを学ぶ理由についてお伝えしましたがいかがですか?

収入を得るためには、相手とラポールを築き、こちらの提案を受け入れてもらう必要があります。ラポールを築けた相手にWIN-WINの提案をすれば、相手はすんなりと受け入れてくれます。
インターネット収入を得るために、あなたがインターネットを通して離れた場所にいる相手とも、ニューロ言語プログラムを学べば、ラポールを築けるようになります。

BMTSでは成功コーチングの練習を通してコミュニケーション能力を磨くためのワークをすることもできますよ。

「BMTSって何?」

「成功コーチングって何?」

気になる方はまずこちらをクリックして情報をゲットしてくださいね。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

The following two tabs change content below.
みにー

みにー

夢見る国からきたwebライター[みにー]です。 信じている言葉は「あなたの人生はバラ色です」。 東京生まれ、東京育ちの本業は美容師です。 「楽しいことはないかな?」ってあちこち探して歩くのが大好き! 美味しいものを食べたり、散歩したり、子供と遊んだり。 毎日わくわくしていたい。 運動は苦手なくせに思いつきで行動するときのフットワークはめっちゃ軽いです。 楽しい夢に向かって、毎日驀進中!

「ビジネスで成果を上げるためのコミュニケーション能力」を高めるために学ぶべきものとは?」への3件のフィードバック

  1. Masatsugu Usuda より:

    インターネット収入の話からはちょっと外れるのですが、今年は8月の祭禮で祭典委員長を仰せつかって打ち合わせが始まっています。お手伝いいただける方々との会話の中でもペーシングやミラーリング、マッチングが役に立っています。これもBMTS をちょっとかじり始めたおかげかなと思っています。話し合いの中や結論を出すことの段階ではラポールが重要になってきます。これから自分の中で面白くなってくるかなとニヤッとしています。

    1. みにー みにー より:

      Uすださん、コメントありがとうございます。BMTSを学ぶと日常の色々な場面で役に立ちますよね。ラポールを築くのは楽しいですね。

Masatsugu Usuda にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です