子供の時に絵本の読み聞かせをしましょう

いつもありがとうございます。
癒しを与える やすらぎ です。

今はコロナ禍のため、外出が思うように
できません。

子供たちは、家の中で、ゲームをしたり
テレビを見たりと、退屈に過ごしています。

 

私の知り合いの方ですが、なにか楽しいことと
思って、絵本の読み聞かせをされています。

親子で楽しく時間を過ごせて、会話も弾むと
言われていました。素晴らしいです。

 

特に「あなたがだいすき」という本が
おすすめです。

 

 

かけがえのない我が子を思う親の愛が
感じられます。

いつでもどこでも、あなたを見守っていると
お母さんから言われると、本当に感動します。

 

 

そんな子供の時の思い出は、いくつになっても
忘れません。

 

子供の時の親との関わり方
大切です。

今は、子供に読み聞かせをしている
家庭が少なくなっています。

ほんと残念です。

「三つ子の魂百まで」ということわざがあります。

 

三つ子とは3歳の子どものことで、3歳ごろまでに形成された性格は100歳まで変わらない、という意味を持つことわざです。
また、江戸時代の庶民には「心の有り方は3歳までに決まる」と認識されていました。 
           子育てコラムより引用

 

大きくなっても、親のありがたさや、大切さを
わかっていて、感謝する気持になります。

「親に感謝する」という気持ちは
今、ちょっと薄れている感じがします。

近頃のニュースを見ると子供が親を殺害という
痛ましい事件が多いです。
本当に悲しくなります。

 

そこまで、親子関係が最悪になっているのかと
思うとゾッとします。

 

そうなる前に、どうして話し合いが
できなかったのか?考えてしまいます。

是非今、子育てで頑張っているお母さん
子供と一緒に「読み聞かせ」をしてください。

 

絵本を見ながら、子供と話をする
機会を持って欲しいです。

本を読む習慣をつけると
大人になっても、本を読むことが好きになります。

「読書離れ」の方が多いと、言われますが
多分、子供の時にあまり本を見なかったからだと
考えます。

 

今からでも遅くはありません。

「読み聞かせ」をしてみてください。
大人になったら、親に感謝する
子供になりますよ。

The following two tabs change content below.
癒しを与えるやすらぎ

癒しを与えるやすらぎ

家に居ながら 何かをしたい このまま終わりたくない いつも考えていました。ご縁があって出会えた時は これしかない これに賭けよう と思い 即行動。 年齢は関係なし やる気だけで十分。 人生一度 後悔しないように やるだけです。 信じるな 疑うな 確認せよ そう 確認です。 行動しましょう。
癒しを与えるやすらぎ

最新記事 by 癒しを与えるやすらぎ (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です