成功の確率を上げるという事

成功し続けている人と話をしているとまるで、成功の道が明確に見ているように

 

強烈な判断基準があることを感じます。

 

成功者はゴール設定をして、焦点を当て、意識を強化しています。

 

それでは、その人はなぜ成功しているのか?

 

何によって成功しているのでしょうか?

 

どんな価値観や信念を持ち、

 

その中でも、成功に役立っているコアな部分はどこなのでしょうか?

 

実際に、人よりも早く成功する人達は目標に焦点を当てて動いている人が多く、

 

必然的に、大きな結果を生むコアな行動を多めにしていることになります。

 

結果を生むコアな部分に目を向ける。

 

同じ時間を使っても人によって結果に差がでる理由のひとつです。

 

つまり、自分が成功するために成功に役立つコアな部分をモデリングすることがスピード成功のコツといえるでしょう。

 

コアな部分を見つけるには、観察眼・焦点を合わせる力が重要です。

 

目標に焦点を当てることで、

 

成功者の行動の観察から、より結果を生み出す部分を見つけられるようになります。

 

常に、目標に焦点を当て続け、行動することです。

 

成功者の多くを研究した本、成功哲学の本や自己啓発書。

 

実際に、成功していく人の言葉など・・・暗記レベルで頭にいれ、潜在意識まで染込ませる。

 

成功の要因として、最大のパワーの1つが目標への焦点化の力です。

 

この焦点化の力をアップさせることが、とても重要です。

 

焦点を当てて進むことは、パワフルな結果を生みます。

 

目標に焦点を当て、レーザー思考で進めば、成功は加速されるのです。

 

しかし、良い目標設定をしておかないと、目標に焦点を当てても効果が期待できません。

 

欧米では有名、エグゼクティブなビジネスパーソンをはじめ政界、

 

スポーツの成果の人が習っているNLPテクニックは

 

ビジネスの成功、自己投資のひとつですが、

 

NLPを学び続けるとリフレーミング力が付きます。

 

リフレーミングとは、起こった出来事について

 

フレームを変えてみるという事です。

 

何か出来事が起こった時に、自分でフレームを変えてみる、そのとらえ方が変わるという考え方です。

 

それに対する気持ちや感情が変化し、

 

『失敗は成功の素』、『成せばなる』、『失敗はない。経験があるだけだ』

『成功のリソースとは失敗である。それは練習だから』など

 

起こってしまった現象を変えることはできませんが

 

それに対する反応は自分でコントロールすることが可能です。

 

 

物事が起こったときに、自分にどんな気持ち・感情で、どんな言葉をかけるか?

 

予行練習やイメージシュミレーションで失敗していることがわかっていれば、計画を練り直したり、準備をしなおしたりできます

 

このことを繰り返していけば成功に近づくぞと思えるようになってくると

 

成功の確率がどんどん高くなり、成功できる計画が立てられます。

 

成功に必要なリソースがわかります。

 

成功するために次に何をするか分かる人は成功に向っているといえるでしょう。

 

そんな言葉に触れる機会を増やして、現象が起こった時にこういった考え方に

 

リフレームしてみることで、成功を加速させましょう。

 

その他、成功に必要といわれている

 

【1】ノウハウ
【2】心理テクニック(人間心理)
【3】モチベーション・コントロール(自己啓発)
【4】マインドセット(成功哲学)

も揃えました。

イビサのBMTSです。
iBSA business mentalpsychological technique school

 

いかがですか?

 

あなたもスピード成功を目指しませんか?

The following two tabs change content below.
マミー

マミー

東京生まれ、東京育ち。明治神宮を庭のように育ちました。大学ではドイツ語を学ぶも、全然役に立たず、合気道が身に付きました。 3人の娘を育て、残りの人生を後悔のないように生きていきたいと思いラブライクに申し込みました。 猫3匹と主人と3女と暮らしています。猫の保護活動もしていますので、お金を稼いでたくさんの恵まれない猫たちの為に使いたいです。 家で毎日、猫たちに囲まれながら癒されながらPCに向かう日々です。どうぞよろしくお願いたします。
マミー

最新記事 by マミー (全て見る)

成功の確率を上げるという事」への1件のフィードバック

  1. ゆりりん より:

    マミーさん、頑張ってますね!
    目標の焦点化大事ですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です