夏の湿気に負けない、するん♪とまとまる髪に整えるためには?

年齢を重ねるとともに気になってくる、髪の毛のうねりやパサツキ。
朝は忙しくて時間がないのに、毎朝、くせ毛のスタイリングに苦戦…。
辛いですよね。

髪の毛がうねってパサツキが出ていると、【実年齢より年上】に見られてしまうこともありますし、くせ毛が広がってしまっていると、お仕事や大切なフォーマルな場でも、「きちんと感」をなかなか出しづらいです…。

特に髪の毛にとっては、日本の夏の湿気は強敵!せっかくストレートアイロンをかけた髪の毛も、一歩家の外に出ただけで、ちりちりっと元のくせが出てしまうこともあります。

夏の湿気で髪の毛がうねる理由

髪の毛は、内部に水分を蓄えている状態だと、やわらかく、自由に形を変えることができますが、乾燥していると硬くなります。この性質は髪の毛の「水素結合」によるものです。

くせ毛は、うねりによって、キューティクルのうろこが、ランダムに穴が開いている状態です。穴が開いているところは空気中の水分(=湿気)を吸いやすく、ふさがっているところは吸いにくいです。髪の毛は内部が乾燥していると湿気を吸いやすいのですが、一本の髪の毛でも部分的に水分を吸いこむ量が異なるので、湿気に触れると髪の毛のうねりやくせがさらに出やすくなるのです。そして、水分が蒸発することで、くせが固定されてしまいます。

 

夏の湿気に負けない髪とは

夏の湿気に負けないために、ポイントとなるのは「水分」です。

髪の毛の内部に水分が既にあれば、夏の湿気を髪の毛が必要以上に吸うことはありません。つまり、「髪の毛の内部の乾燥」を防げば良いのです。

髪の毛の内部が乾燥する原因は、シャンプーによる過剰な洗浄で、頭皮の皮脂を必要以上に洗い流してしまっていることが1因となっています。皮脂は頭皮や髪の毛を乾燥を防いでいる役割も担っているので、落とし過ぎはNGです。

髪の毛をシャンプーするときは、皮脂を取り過ぎない「やさしい洗浄成分」で、頭皮や髪の毛に負担をかけずに洗いましょう。

 

また洗いあがった頭皮や髪の毛は、しっかり保湿することも大切です。

乾燥した頭皮の毛穴はたるんで、毛穴の形が歪みます。歪んだ形の毛穴からは、うねりのあるくせ毛が生えてきます。正常な円形の毛穴に戻すためにも、頭皮はしっかり保湿ケアをする必要があります。

髪の毛に保湿をすることで、髪の毛の内部に水分を保持することができます。髪の毛の内部に水分を保持できていれば、髪の毛は湿気の影響を受けずにやわらかさを保ち、まとまりやすい髪へと整えることができます。

まとめ

今回は、夏の湿気に負けない、するん♪とまとまる髪の毛に整える方法についてお伝えしましたがいかがでしたか?

髪の毛は内部が乾燥していると湿気を吸いやすく、くせが出やすくなるので、髪の毛の乾燥を防ぐケアを心がけます。

  • シャンプーをするときは、洗浄力が優しいものを選び、頭皮の皮脂を必要以上に洗い流さないように気をつけましょう。
  • そして洗いあがった頭皮と髪の毛は、保湿ケアを心がけましょう!

頭皮の保湿ケアは、頭皮のたるみを防ぎ、毛穴を正常な丸型に保つことで、生えてくる毛がくせ毛になるのを防ぐ効果があります。

 

髪の毛の保湿を心がければ、髪の毛は余分な湿気を吸うことなく、まとまりやすい髪に整えることができます。



12万本突破★大人気くせ毛シャンプー【クイーンズバスルーム】は「くせ毛・ダメージ・薄毛」といった髪のストレスを
薬用の力で健康な状態へと導く、「薬用ヘアソープ・トリートメント」です。

アミノ酸由来の独自洗浄成分と化学的に証明された優れた保水力によって髪と肌をやさしくしっとりと洗い、潤すことでダメージヘアはもちろん、くせ毛もしなやかなで扱いやすい髪へと導いてゆきます。

 

お得でじっくり試せるくせ毛シャンプー★5日分サンプル送料無料【クイーンズバスルーム】で、最高ランクの保湿力を体感してください!




The following two tabs change content below.
みにー

みにー

夢見る国からきたwebライター[みにー]です。 信じている言葉は「あなたの人生はバラ色です」。 東京生まれ、東京育ちの本業は美容師です。 「楽しいことはないかな?」ってあちこち探して歩くのが大好き! 美味しいものを食べたり、散歩したり、子供と遊んだり。 毎日わくわくしていたい。 運動は苦手なくせに思いつきで行動するときのフットワークはめっちゃ軽いです。 楽しい夢に向かって、毎日驀進中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です