神社巡り パート①【熊本城稲荷神社】

こんにちわ!
旅好きなアラフィー女子ネコシバです!

前回神社巡りをなぜ私が始めたかをお伝えしました。

自分自身のためではあったのですが
これがかなり効果あったので

続けるという決断に至ったのです。

人は自分だけのために生きることは出来ません。
自分のためだけに生きていくとどこかで
段々人生の虚しさを感じていきます。

だからと言って人のためだけにも生きられません。

よく女性に多いのですが子供の時から気がつくと
誰かの世話ばかりをしている人がいます。

成長して社会人になり、結婚すると旦那様や
子供達のお世話そして自分の親や義父母の世話。

孫が出来ると今度は孫の世話と
一生誰かの世話で人生を過ごします。

自分がそれで幸せならそれでもいいですが
なぜだか愚痴ばかり言っている人もいます。

そんな人はまず最初に自分を
幸せにしなければなりません。

自分が幸せでないと他の人も
幸せには出来ないからです。

自分を幸せにするため
まずは光やエネルギーを頂くこと
それが人神社巡りの利点です。

前置きが長くなりましたが
今回は熊本市で人気のある
熊本城稲荷神社について投稿します。

熊本城稲荷は名の通り熊本城下にありますが
別名白髭大明神とも呼ばれています。

街の中心に位置する地理的に便利な場所に
あるのでそんなに大きくはないですが

いつでも沢山の人達で賑わっているので
華やかさがあります。

特に初詣、七五三などの行事でも
多くの人たちが訪れます。

熊本城稲荷神社は、1588年(天正16年)
加藤清正公が肥後の国主として
入国するにあたり勧請した神社で歴史が古いです。

清正公は、神使である2匹の狐(霊狐)を連れてきて
居城となる熊本城に守り神として奉りました。

この2匹の狐を従えるのが、当神社のご祭神、
生活守護神の白髭大明神です。

2匹のキツネ見つけました。

 
現在では、当神社最大の祭事でもある
2月の初牛大祭をはじめ
安産と母子の健康を願う安産祈願、
初宮参りなど一年を通じて
多くの参詣客でにぎわう人気の神社です。


 

 

神社の階段を上がると、本堂が右手に有り
左手にまた赤い鳥居があります。

おみくじもユニークで水みくじというのが有り
境内の中のみずかめに浮かべて占います。

私はその日は小吉だったので
境内の木にくくりつけてきました。

私自身、神社巡りを始めてから一月過ぎましたが
少しずつ元気を取り戻してきました。

神社巡りでパワーを頂き、自分がこれから
なすべき事へ向かって進んでいきたいと思います。

ぜひ、皆様をお試しくださいね。

The following two tabs change content below.
ネコシバ

ネコシバ

こんにちは! WEBライターのネコシバです。 趣味は旅行、そのほか食べ歩き、美術館、寺社巡りも好きです。 時間が出来るとふらっと旅に出ることがあります。 好きな時に、好きなことを、思いっきりできる そんな生活を手に入れるため、 WEBライターをはじめました。 成功は楽しんで諦めずに続ければ必ず手に入るものです。 皆さんも、一諸にわくわくしませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です