成功するビリーフを書き込みましょう。

自己啓発書や成功哲学では、人は誰しも、夢を現実にするパワーを持っている、

 

成功する力を持っているといっています。

 

決意とは、「意志をはっきりさだめること」

 

過去に決意したことや、決意しなかったことから、今日という結果が生まれています。

 

決意を成功のリソース、1つのスキルとして考えてみると

 

筋力トレーニングと同じで鍛えれば鍛えるほど筋肉が強くなるように、決意というスキルも向上します。

 

決意することに自信が生まれてきたら、思い切った意思決定をすることができるようになっていきます。

 

決断とは、「きっぱり決めること」です。

 

成功者になることを決断しましょう。

 

成功者になることを決断するとは、「成功すると決めて、他の選択肢を断ち切る」である。

 

成功する道だけを残し、成功しない道をなくしてしまえば、歩むごとに成功に近づくということになります。

 

このことが加速化された成功を引き寄せる1つの要素です。

 

毎日、何かを決意しましょう。

 

小さいことから、大きいこと、毎日、決意して鍛えましょう。

 

そして、成功者になることを決断しましょう。

 

たとえ、それで失敗をしても失敗によって苦しむのではなく、

 

失敗を成功のリソースをしていきましょう。

 

失敗という結果をだすまでにかかった時間を、成功のリソースとして活用するのです。

 

使った時間は同じです。出来事も同じです。

 

改善のフィードバックとして成功に近づく為に使います。

 

 

この積み重ねが連続していくと、大きな成長の差が生じるのです。

 

成功の道とは、アウトカムを設定し、その達成の為にPDCAサイクルを回すことです。

 

計画して決意し行動します。

 

行動の結果を分析して、それを改善の為のフィードバックとします。

 

行動の結果が良くても悪くても、成功のリソースとするということです。

 

最初の1回を回し始めて、アウトカムを達成するまで回し続けるだけです。

 

設定したゴールに達するまで、テストと操作を繰り返せばいいのです。

 

言い換えれば、できるまで違うことを試みると言うことです。

 

人間には、赤ちゃんが立って歩く為に、何度、倒れても、失敗しても、

 

立って歩けるまで、何度も、いろいろなことを試すように

 

遺伝子に組み込まれているのです。

 

「失敗することが怖いから、チャレンジを避ける」

 

こういった考え方は、自分の人生における様々な経験から生まれたもので

 

自分を守るために生まれ、強化された考え方です。

 

それは、過去では、あなたを助けてくれたものかもしれません。

 

しかし、これから成功を目指し、決意し行動をとり、決意を重ね、決断していくためには、邪魔になる考えです。

 

肯定的意図があり、今までの人生のある意味であなたに役立ってきたビリーフが、今度は

 

成功へのチャレンジをするためのあなたを阻んでいます。

 

成功したいのに、行動に踏み出せない。

 

 

こういったジレンマから脱出するために、NLPを学んで成功を目指すというビリーフに書き換えませんか?

 

あなたには、成功する為に必要なリソースが既に備わっているんです。

 

「成功に向けて進む」という、役立つビリーフをセットしましょう。

 

NLPで、インストールすることができます。

 

成功に役立つビリーフをインストールして成功しましょう。

 

一緒に勉強しませんか?

The following two tabs change content below.
マミー

マミー

東京生まれ、東京育ち。明治神宮を庭のように育ちました。大学ではドイツ語を学ぶも、全然役に立たず、合気道が身に付きました。 3人の娘を育て、残りの人生を後悔のないように生きていきたいと思いラブライクに申し込みました。 猫3匹と主人と3女と暮らしています。猫の保護活動もしていますので、お金を稼いでたくさんの恵まれない猫たちの為に使いたいです。 家で毎日、猫たちに囲まれながら癒されながらPCに向かう日々です。どうぞよろしくお願いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です