冬の能登一周一人旅(1日目)

地元石川県の能登を車で一周する旅へ。

①能登前


幸寿司お昼ご飯は、能登丼。
平日のためか、店内はほぼ貸し切り状態。
曇り空だった朝から一転、お天気が良くなってきたのをチャンスとばかりに、外に駆け出すご主人。食事を済ませて外に出ると、塩辛用のイカ干されてました。
クルクル回るイカ達。こんな風景、金沢では見たことありません!

②千枚田

国指定文化財名勝になっている棚田です。
日本海に面しているので、田んぼを眺めながら波の音が聞けるし、海の青と稲の緑が綺麗に見える絶景スポット!
冬のこの時期は緑が少ないですが…寒い時期になるとイルミネーションイベント「あぜのきらめき」が行われてます!
今回は時間の関係で暗くなるのを待つことはできなかったので、今度あらためて来ようと思いながら次の場所へ。

③曽々木海岸・窓岩

岩の間に穴が!
この穴に夕日が入ると「ダイヤモンドの夕日」って言われるくらいキレイだそうです。
今日はみることができませんでしたが、もっと貴重なものが見れました!
冬の日本海側で発生する風物詩「波の花」

気温が低く、西の風、風速13m以上、波の高さ4m以上っていう条件が揃っていて天候が荒れている時にしか見れれないもの!
発生してから時間が経ってしまってたので黄みがかってましたが、初めて本物を見れたことに感動!
ただ、この波の花は服につくとシミになっちゃうことがあるので要注意です!!

④恋人の聖地・せっぷんトンネル

何だかキュンキュンするネーミングですね!
昭和32年に公開された映画「忘却の花びら」のロケがここで行われ、ここで接吻を交わしたことがきっかけで名づけられたそうです。
通り抜けて振り返ると、ハートに見える入口…トンネルの入口まで行ってみたけど、荒れた海の波の音と真っ暗の洞窟の雰囲気が怖くて入る一人で入る勇気は出ず…。

⑤見附島(別名:軍艦島)

能登では有名な観光地の一つのはずなのに、誰も居なくて、絶景を独り占め!!
引き潮の時間帯には、島の手前まで行けます。
この見附島は、恋人の聖地とも言われていて、浜辺に「縁結びの鐘」があります。

良い出会いを願って鳴らしてみました!
“良い出会いがありますように…”

⑥恋路海岸

縁結びのパワースポット!
ここには悲しい恋の伝説が…
。“深い愛で結ばれた助三郎と鍋乃。そんな鍋乃に想いを寄せる男。助三郎はこの男の仕掛けた罠によって命を落とし、鍋乃も後を追って海に命を投げる”という伝説。
この二人を偲ぶ像もあります。
この話を読んでから海を眺めていると、情景が浮かんで切ない気持ちになりました。
そんな海岸には「幸せの鐘」があって、カップルで鳴らすと愛が結ばれると言われてるそうです!

訪れた際には、ぜひ鳴らしてみてください!

⑦民宿 ふらっと

今回の宿泊先。1日4組限定の民宿。
民宿に泊まるのは初めてでしたが、民宿の概念を覆されるほど素敵なお宿。
畳の部屋におっきなこたつ。

まるでおばあちゃんの家に来たみたいな雰囲気で、運転疲れも癒されました。
夜は、大きな広間でオーストラリア出身のご主人によるイタリアン料理。

食材は、能登産のものや自家製のものばかり。

地ビールやオーストラリアワインも美味しくて至福のひと時でした♪

食事が終わると、ご主人がテーブルまで来てくれて、以前訪れたオーストラリアのお話をさせてもらいました!
気さくなご主人と明るい奥様が営む素敵なお宿です。

次回は、「能登一人旅2日目」をお届けします♪

【旅行が好き&在宅ワークしたい方へ】
♪無料で情報配信中♪

The following two tabs change content below.
yuko

yuko

はじめまして。 Webライターのyukoです。 生まれも育ちも石川県。 性格は、マイペースで探求心旺盛。 趣味は一人旅。 一人でフラっと旅行に行くことが好きで、近場から遠方まで問わず出掛けます。 観光だけでなく、食べ歩きや地元の方々との触れ合いも大好きなので、 いつも計画通りにはいかない旅ですが、それも一人旅の良さだと思って満喫してます。 旅での目標(夢)は、47都道府県制覇と海外旅行(オーストラリア&イタリア)へ行くこと! 人生の目標は、サイドビジネスで「親孝行、旅費、将来への貯蓄」の資金を作ること! よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です