成功するには、目標や夢を強く思い描きましょう!

ごきげんよう!ひまわりのように華麗に咲き誇りたいWEBライターぴーちゃんです。

 

あなたが成功へと進む時には、まずは目標や夢を頭に強く思い描きましょう。

最初は、強く思い描き、そして成功するのは当然だと
思います。

 

これから、成功したいと願う場合、最初は強く意識する
ことが大切です。

 

でも、ずーっと強く願っていたら、無意識に反対の事を
思い描いてしまう事もあります。

例えば、「〇〇が欲しい」「〇〇になりたい」って、思うのは、今は、まだ持っていない、その状態ではないと
言うことにもなってしまいます。

 

思い描いている事を無意識に引き寄せますので、成功とは反対の事を引き寄せてしまうかも知れません。

そうならないためにも、「持っていて当たり前」
「いつでもなれる」などと、意識しましょう。

 

この、「私は出来て当たり前なんだ」と、思えるように
なったら、あとはこつこつ一歩ずつ進むんです。

それだけで、成功出来るでしょう。

 

次に、大目標を決めましょう。
そしてチャンクダウン(細かく)した中目標も決めます。

 

大目標のリソース(資産など)のひとつとして、中間目標の達成があります。

さらに中間目標をチャンクダウン(細かく)して、確実に実行できる小目標を設定します。

このように、スマート(S.M.A.R.T)の法則で目標を設定します。

 

スマートの法則とは…

具体的でわかりやすく ⇒ Specific
計画可能で、数字になっている ⇒ Measurable
同意して、達成可能なこと ⇒ Agreed upon
現実的で、アウトカム志向 ⇒ Realistic
期限が明確に決められている ⇒ Timely

 

この法則は、目標設定のためのモデルです。

 

この法則によって、具体的にまたわかりやすい目標でも
あり、現実的で期限も設定できますね。

 

そして、出来て当然なんだと思えるようになったら、
あとはコツコツと一歩ずつ進むのです。

 

小目標を達成することは、大目標を達成するリソース
(資産など)ですね。

 

また、T.O.T.EモデルやPDCAサイクルを学ぶことも小目標の達成が可能となるでしょう。

 

T.O.T.Eモデルとは

Test(テスト) Operate(操作)Test(テスト)
Exit(退出)の略で

目標達成までの行動プロセスを具体的に説明したものです。

PDCAサイクルとは

Plan(計画)、Do(実行)、Check(評価)、Act(改善)
の略で

ものごとを進めていく上で、計画と実行、そして結果の
収集とレビューを継続的に行うことです。

 

あなたがNLPを、学ぶことで「誰でも成功できるなら、私も成功できるんだ。」と、自身を持つことが出来るようになります。

 

あなた自信が、

「私がお金持ちになって、そして成功する!って事は必然であり、当然なんだ。」と、感覚をつかむためにも、

私と共に、NLPを学びませんか?

The following two tabs change content below.
ぴーちゃん

ぴーちゃん

日々、3匹のワンコに癒やされているアラフィフ主婦です。 数年前に頸椎ヘルニアになってから体調崩し専業主婦になりましたが、最近では点訳ボランティアをしながら在宅ワークをはじめました。 夢は、庭にドッグランと畑を作ることと、保護犬殺処分ゼロ活動をすることです。 興味のある方は是非お友達になって下さいね!
ぴーちゃん

最新記事 by ぴーちゃん (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です