ひきこもり、ニート、家庭内暴力は早急にプロに相談することが大切。

ごきげんよう。
クリエイティブライターのマッキーです。

あなたは身内のひきこもりや家庭内暴力に
悩んでいませんか?

以前、私の身内も8年ほどひきこもりを
していた時期がありました。

ひきこもり、ニート、家庭内暴力の問題解決の近道はこちら

その時は何が原因なのかも、
どうして解決したらいいのかもわからず、
途方に暮れていました。

本人も苦しんでいるのに
それを周りが理解できずに

知らず知らずのうちに
本人を責める発言をしてしまい、
本人が家庭内暴力を起こしてしまう事態に。

それによって、本人も周りの家族も
苦しみが増すという悪循環を繰り返し、

本人は家族との間の
心の扉を固く閉ざし、

家族の言う事には、
聞く耳を持たなくなります。

こうなってしまうと
家族だけで問題を解決するのは
非常に難しいです。

でも、こうなってしまった時に、
力になってくれる
自立支援施設があるんです。

こころのがっこうは、元警部と警察OBが
運営する、全国で唯一の自立支援施設。

ひきこもり、ニート、家庭内暴力に
困り果てた人々が駆け込む
まさに“最後の砦”なのです。

今まで数々のひきこもりや
家庭内暴力の場に立ち会ってきた

警察OBが親身になって
相談に応じてくれて、

ご本人とご家族の考えをしっかり受け止め、
双方の希望にじっくり沿って、

☆自立支援施設に入寮する

☆自宅にて在宅支援を受ける

いずれかを選んで、社会復帰をめざす
プログラムが用意されています。

今までどうすることも出来ず、
誰にも相談できなかった根深い問題には、
プロの力を借りて早急な解決をすることが、

ご本人にとっても、ご家族の方々の
心身ともに、とても大切なのです。

あなたのご家族が一日も早く
幸せと喜びの笑顔があふれる日々が
戻ってきますように・・・。

詳しくはこちらをご覧下さい。

The following two tabs change content below.
マッキー

マッキー

今年の春にリストラされたアラフォーガール。 WEBライターとして生きていく事を決め、独立。 一緒に住んでいるツンデレ猫(16歳/♀)に 振り回され、癒される日々。 夢は、住宅ローン完済と、 母をメキシコ&フランス旅行へ連れて行くがてら、 空港にある元職場へ立ち寄る事(笑)です♪

ひきこもり、ニート、家庭内暴力は早急にプロに相談することが大切。」への1件のフィードバック

  1. 宇野詩織 より:

    こんな支援が受けられるのは
    存じ上げませんでした!

    施設があるのですね。
    かなりの荒療治になりそうですが、
    本当に困った方の役に立ちそうですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です